導入事例

E社(異動分析 ※社名非公開)

「異動」を定量的に分析し、人材タイプにあった配置戦略を実現

人材系 101~1,000人 配置の定量化

・会社名:E社(※社名非公開)
・従業員数:101~1,000名
・業種:人材系
・導入目的:配置の定量化

導入のポイント

・「異動」をより効果的に行うためにTRANS.HRを導入
・「適性検査」の結果で、異動して評価が高まる人を見極める

「異動」をより効果的に行うためにTRANS.HRを導入

導入の背景

E社では、転勤を伴う「異動」が毎年発生します。一方、「誰を移動させるのか」については、人事担当メンバーの主観で意思決定を行っており、効果的な戦略につながっていないという課題感がありました。

誰を「異動」させると会社と本人の双方にとって良いのかを分析するために「TRANS.HR」のエンタープライズプラン(コンサルティングサービス)を導入しました。

「適性検査」の結果で、異動して評価が高まる人を見極める

※注:以下はE社独自の結果です。会社の価値観によって結果は異なります。

「達成意欲」の高い人は、異動して高評価になりやすい

「異動」による影響を分析するために、「異動した人」と「異動していない人」の特性と評価の違いを分析しました。

最も大きく違いが出た価値観として、「異動して高評価」だった人は「達成意欲が高い」場合が多く、逆に「異動して低評価」だった人は「達成意欲が低い」ことがわかりました。

「持続性」の高い人は異動しないほうが高評価になりやすい

また「異動して低評価」だった人は、「持続性が高い」ことがわかりました。「異動していない人」の場合、高評価者は「持続性が高い」傾向があるため、「持続性が高い」場合には、異動させないほうが評価が高まる可能性が、分析結果よりわかりました。

データを活用して異動候補者を選定

実際の運用方法

E社では上記の結果を踏まえて、異動者候補者の選定を行いました。今後、このデータを基に実際に異動した人のパフォーマンスを継続的に計測することで、より精度を高めていくことを想定しています。

データ×AIの未来予測を、今すぐ体験する

30日間無料でご利用いただけます。

β版を無料で試してみる